ぱそこんぼらぼら

わたしの通信環境>光ギガビット時代

通信速度

光ファイバー
2014.12〜
1Gbps
WiMAX
〜2016.4
下り13.3Mbps
上り10.2Mbps
Xi(LTE)
2015.3〜2018.3
下り150Mbps
2018.3〜
下り500Mbps

常時接続のプロバイダ

2015.3〜
@nifty(ドコモ光経由)

平成26(2014)年

 うちで引いていたNTT西日本の「フレッツ光プレミアム」では,壁から出ている光ファイバーケーブルはONU(光回線終端装置)に直付けされているようで,ユーザが勝手にONUから光ファイバーケーブルを取り外すことはできないように見えた。ONUからはLANケーブルでCTU(加入者網終端装置)につながり,これがルータの役割をしている。さらにひかり電話の契約をしていたので,CTUとVoIP機器をLANケーブルで接続していた。「フレッツ光ネクスト」にするとこの3種の機器が一体化されたものが提供されるという話を聞いたことがあった。しかし前述のとおりうちではONUは直付けなので,「これは人に見せられないほど散らかっている,私の居場所であるロフトを大片づけするところから始めないと」と思い込んでいたため,今の今まで「フレッツ光ネクスト」への移行はしていなかった。

 さて,この年の秋ごろから,NTT西日本では,機器交換が自分でできるのであれば,「フレッツ光プレミアム」から「フレッツ光ネクスト」への移行工事費を無料にする,というキャンペーンが始まった。しかし機器がケーブル直付けだというのに,うちの場合でも無料で移行ができるのか,半信半疑でNTT西日本に問い合わせたところ「できる」とのことだった。よくよく尋ねると,CTUとVoIPを返却して新しい機器であるホームゲートウェイに交換し,そのホームゲートウェイはONUに接続すればよいとのこと。
 12月に入り,型番がRT-500MIという,そのホームゲートウェイがやってきた。取り替え日が指定されており,事前にONUと返却するCTUのバージョンアップ作業を行い(ただし私の場合,すでに最新ファームが適用されていた様子),機器を取り替え,いろいろな設定を行い,「フレッツ光ネクスト」用のウィルス対策ソフトに入れ換えて作業は完了した。

 宣伝されている"1Gbps"という速度は当然なかなか出ないのだが,それでも下り300Mbps,上り160Mbpsのスピードは出ており,「フレッツ光プレミアム」時代の数十Mbitに比べると大幅に増速したといえるだろう。

平成27(2015)年

 その「フレッツ光プネクスト隼」だが,この年の春に長女の高校進学が決まり,長男のシャープSH-10Dもなんだか調子が悪くなっており,子ども2人をスマートホンにするのなら自分もしたいと嫁も言い出すので,iPhone6を一挙3台導入するのに伴い,少しでも通信コストを削減しようと,光コラボレーションにより「ドコモ光」に転用することにした。
 手続き自体はwebで転用承諾番号を取得し,それをドコモのお店に見せればOKなのだが,NTT西日本との契約が切れるので,実際にドコモ光の契約をするまでの間に,NTT西日本のポイントを消費しておかなければもったいない。そこで調べてみると,ポイントに2万円ほど追い金を支払うことで16GB版のiPad mini2が入手できることがわかったのでそれをもらうことにし,3台のiPhoneをファミリー共有にしてその親機とすることを思いついた。

 ドコモ光に契約変更したのはいいが,プロバイダとして@niftyを選ぶには200円割高な「タイプB」の料金プランを選ぶ必要があり,しかしそれも6月にならないとスタートしないため,当面はプロバイダ料金別の「単独タイプ」でスタートするしかなく,その影響なのか,@niftyの契約も一部リセットされて(もちろんIDやwebページ,ブログ,WiMAXは活きたまま)しまったのか,@niftyで契約していたIPv6が使えなくなってしまった。
 NTT西日本との契約も変更され,光ファイバー代金はドコモに支払うようになったものの,ひかり電話や,街頭無線LANサービスであるフレッツスポット,セキュリティ対策ツールの追加ライセンス(@niftyは契約が引き継げる)の利用料については,引き続きNTT西日本に支払われるとのこと。ところが,セキュリティ対策ツールの追加や廃止はインターネット上で引き続き可能なものの,ドコモ光契約をしたフレッツ光ネクストに付帯するフレッツスポット契約をやめたい場合,NTT西日本では行えず(webでも不可),どうやらドコモに行って手続きしなければならないようだ。これまでNTT西日本のポイントでフレッツスポットを利用していたため,実質ただで街頭無線LANサービスを使っていたのだが,毎月200円分,きっちり支払いされているようだ。

 嫁・長男・長女のiPhone6は64GBメモリ版とし,シェアパックは15GBを選択した。これで月1800円の割引になったという。

 それに先立つ1月に,無線LANをNECのWG1800HP/Eに買い換えた。「イーサネットコンバータセット」というもので,WP1800APの2台セットになっている。親機と子機は5GHz帯の無線で結ばれ,親機からは5GHz帯と2.4GHz帯が,子機では2.4GHz帯が使えるようになっている。しかし実際にiPad等で使ってみると,なんだかページの切り替わりが遅いなぁと思ったら2.4GHz帯でつながっており,これを5GHz帯につなぎ替えるとようやくページが切り替わる,というようなことはしょっちゅうである。

 F-07Cをコンピュータとして使うことがなくなり,出先でのweb閲覧に支障が出始めたため,私もiPhoneに乗り換えたのがこの年末である。アップルストアからSIMフリー版のiPhone5sを24回ローンで購入した。メモリは32GB。ここで私はドコモ契約を解除し,番号ポータビリティ制度によりOCNモバイルoneに移行した。キャリアメールが使えなくなったが,意外と困るようなことはなかった。気がつけば,今は家の誰もキャリアメールを使っていないはずである。

 なおLTEネットワークで高音質の音声通話ができる"VoLTE"は,iPhone6ではiOS8.3にアップデートする(キャリア設定のアップデートも必要)ことによりこの年4月に対応したとのことである。私のiPhone5sではデータはLTE対応であるものの,通話はFOMAモードとなるので,VoLTEは使えない。

平成28(2016)年

 かくして私もiPhone生活が始まった。しかし家族の中で私だけドコモではなくocnモバイルoneを使用しているため,電話料を削減するにはさらに工夫が必要になる。
 家族に電話をかけるときは,これまでのように「家族割」なんてものは使えない。幸いiOSには"FaceTime"アプリがあり,これを使えば嫁・長男・長女の間では無料でしかも高音質の通話が可能になる。
 それ以外の通話先にかける時は,「電話」アプリからの発信でもよいが,かけ放題オプションをつけない場合30秒で20円という通話料となるので,F-07C時代に契約して使いこなしていなかった「楽天でんわ」アプリを使い,30秒10円の通話料でかけるようにする(現在ではocnからも30秒10円の電話アプリを公開している)。
 電話番号通知が必須でない相手には,ocnが用意しているIP電話のアプリを使えば安く通話できるが,ネットワーク環境により音切れが起きることもあるので,いつしか使わなくなってしまった。
 なお自宅にいるときは"AGEPhone"というアプリを使い,ホームゲートウェイにiPhoneの情報を書き込んでおくと,あたかもコードレス電話のようにiPhone(iPadでもよい)を使うことができる。しかし"AGEPhone"は起動させておくだけでバッテリを相当喰ってしまうので,固定電話の待ち受けに使うには難しい部分もある。

 そういえばモバイルデータ通信は,だんだんocnモバイルoneだけでこと足りるかな,と思うことが多くなった。WiMAXは,新しい規格WiMAX2+に帯域を譲り渡すため,前年から下り13.3MBに減速する動きが始まっていたこともあり,この年4月,ついに@nifty WiMAXを解約することにした。

 @nifty絡みの話といえば,webページの掲示板機能が終了したり,@ホームページサービスが終了して希望者にLaCoocanへの移行を促したりするなど,合理化が相次いだ1年であった。@ホームページは,終了時点で全契約者のwebページ容量がわずか2TBしかなかったという話もあるらしいが,たとえ容量が2TBしかなくとも,有益な情報がその中に入っていたはずであり,web管理者が移行手続きをしなかったことにより,それらの情報が二度と読めない事態に陥ってしまったということは,大きな損失であったような気もする。

平成29(2017)年

 もっとびっくりしたことは,とうとう@nifty(家庭向け)が富士通の手を離れ,神奈川県に本社のある家電販売のノジマが買収することになったことである。当地ではノジマという家電量販店に全く縁がなく,一体今後@niftyはどうなるのだろうという懸念が強まった年であった。

平成30(2018)年

 長男のiPhoneは使い方が荒くLightning端子の調子が悪くなってしまった。そして長女も大学進学ということになったので,またまた嫁・長男・長女のiPhoneを8に取り替えるという大事業をやることになった。
 データ移行はパソコンにインストールしたiTunesを使ったのだが,3台が3台とも結構トラブルが相次ぎ(長男はLightning端子の劣化がデータ移行のトラブルになった。長女は一度画面トラブルでiPhone6を全交換したことがあり,その時のデータ移行の際のパスワード忘れのため今回のデータ移行に難渋した。嫁はLINEのデータ移行の際パスワードが思い出せずそこで難儀した)iPhoneの機種変更は結構めんどくさいのだなと感じた。
 私もiPhone5sを2年使ったのだが,せっかく嫁が使っていた状態のよいiPhone6があるのだからと,嫁のお古のiPhone6を使うことにした。自分のiPhone5sから嫁の元機iPhone6にデータを移行した時は,嫁・長男・長女の時と違い全くトラブルがなかったので,拍子抜けしてしまった。