ぱそこんぼらぼら

私のパソコン>キングジム XMC10(PORTABOOK)

購入時のスペック

Atom x7-Z8700/1.6(2.4)GHz
2GB
eMMC 32GB
TFT液晶 1280*768ドット
Windows10 Home TH2

UTF-8テスト中

本ページはUTF-8にて保存しています。

キーボードを開いたポータブックの写真

マシンの概略

 キングジム,という会社は昭和2年創業で,特許人名簿や印鑑簿を作っていた「名鑑堂」がルーツだという。昭和22年にはファイルやルーズリーフの生産と販売を開始,昭和36年に現在の社名に改称し,昭和39年に「キングファイルG」を発売し,書類を整理するファイルを作る会社,というイメージがここで定着する。

 電子文具に参入したのは昭和63年のこと。「テプラ」と呼ばれるラベルライターを発売する。もっとも,いわゆるTRシリーズと呼ばれるこのテプラは,ラベルライターを開発したものの販路がなかったブラザー工業がキングジムに持ちかけてOEM供給した,という。現在のテプラはPROシリーズといい,これはエプソンからのOEMとなっている。
 平成20年にはテキストファイルの入力に徹したキーボード付き電子文具「ポメラ」DM10を発売する。4インチのモノクロ液晶を採用した小さな筐体に,折り畳み式のキーボードを搭載,日本語入力にジャストシステムのATOKを採用し,3万円弱の価格をつけて販売する。文書は2GBまでのマイクロSDカードに保存,単4アルカリ電池で20時間駆動し,重さは340gという仕様でこれがよく売れた。

 折り畳みキーボードを持つポメラに加え,一時流行したソニーのVAIO type Pのような筐体を持つポメラDM100も平成23年に投入,折り畳み式でない本格的なキーボードを持ち,ATOK搭載ながら親指シフト入力もできる機種で,Bluetooth機能によりスマートホンのキーボードとしても使えるようになってい。これが平成28年まで売られ,5年後に登場した後継機であり現行のDM200はLinuxベースとなり,バッテリーもリチウムイオンが内蔵され,液晶画面も大きくなり(モノクロ表示だがもはやこのサイズの白黒液晶はなく,カラー液晶が搭載されているとのこと),その分重さも580g,価格も5万円近くなった。古くからのポメラユーザには納得できる内容かもしれないが,スマートホンにBluetoothのキーボードをつければ同じようなことができる現状から考えると,ポメラを触ったこともない人間から見れば,割高なデジタルガジェット,という感想しか持てない。

 「折り畳みキーボード」というポメラ的発想をWindowsマシンに持ち込んだのが平成27年末登場の,この「ポータブック」XMC10ということになる。出張往復時のドキュメント作成と,HDMIとVGAの両端子を持ち出先でのプレゼンテーションに徹したボディは,830gと重く34mmとやや分厚いボディながら幅204mm,奥行き153mmと,フットプリントが小さくなっているのが特徴となっている。
 この小さいボディに13インチクラスのノートパソコンが持つキーボードを納めるため,IBM ThinkPadで採用されたバタフライキーボード,のようなわけにはいかないが,キーボードを左右回転させて2つにたためる「スライドアークキーボード」を採用したのが売りになっていた。
 CPUもAtomとしては高性能な,4コアのx7-Z8700を採用し,10年近く前のノートパソコンに比べれば軽々動作する。しかし,USB端子が1つだけで,もう一つ装備されるマイクロUSB端子は電源専用となっており使いづらいこと,64ビットOSなのにメモリが2GBしか搭載されておらず,ストレージもeMMCの32GBしかないことが,使いこなしの面で問題になるだろうなとはリリース当初に思った。
 だが本機の一番の問題点は,この内容で価格が10万円弱に設定されており,「これでは買えない」と思った人が何人も出てしまった,ということだろう。当然のことながらポータブックは不人気機種となってしまった。

 ところが本機はモデルライフ終盤になり,急遽話題が集中した。というのも,平成28年末になり,各所から2万円台というプライスタグで投げ売りされる,という事態が起きたのだった。これにより私を含め,多くのユーザが本機を手にすることになったのだった。
 しかし本機の話題はそこまで。その後すぐ,販売終息となり,当然のことながらキングジムからは後継機はリリースされていない。

使用記

2016(平成28)年

11月…購入
    サンワサプライADR-MMICROを購入し64GBマイクロSDカードを挿入
    Windows10 RS1版にアップデート

2017(平成29)年

4月…Windows10 RS2版にアップデート

11月…Windows10 RS3版にアップデート

2018(平成30)年

5月…Windows10 RS4版にアップデート