ぱそこんぼらぼら

周辺機器あれこれ>ディスプレイ

購入物件

・飯山 MF-8615
1994年4月購入 2004年6月処分
・富士通 VL-151SD
2002年12月購入 2012年11月処分
・三菱 RDT178V
2004年6月購入(現有)
・Dinner TE195SDR
2006年11月購入 2011年12月処分
・DELL U2312HM
2011年12月購入(現有)
・DELL ST2320L
2011年12月購入(現有)

飯山 MF-8615

 中古のPC-9801を入手したために1994年購入。PC-9801だけで使うなら専用ディスプレイの方が安くついたのだが,DOS/Vデスクトップ機を購入する予定があったため,マルチスキャン方式のディスプレイにしたのだ。
 候補は他に98MATEと同時登場したNECのマルチシンク15インチ。いいデザインのディスプレイなのだが当時値段が10万円以上した。
 ディスプレイの購入を考えはじめたころ,この飯山の「ハローモニタ」が登場。値段が安く,動作表示用の液晶パネルも付き,しかも今で言うSXGA表示もできる(ただし実用には堪えなかった)のでこれに決めたのだった。

 しかし,まさか10年以上も使うことになるとは思わなかった。購入して6年後,色がずれることが多くなり,内部の故障かと思ったのだが,本ディスプレイはまだまだPC-9801全盛のころの商品であるためPC-9801用のディスプレイ端子が標準であり,現在標準のD-Sub15ピン端子は付属の変換コネクタで対応していたのだがそれが重いためにパソコン側のVGA端子にやや曲がって接続されるというのが原因のようだった。ディスプレイ切り替え機を間に入れると改善されたようだったのでそれから4年さらに使い倒した。
 10年を経過し,突然画面の色調がおかしくなり,今度こそ内部の故障と思われたので処分に至ったのであった。
 液晶ディスプレイが当たり前になった現在から比べると,同じ「15インチ」表示でもCRTの場合,実質表示サイズはかなり小さくなる。それでも,ハローモニタ登場当時といえば,その15インチCRTでもみんなXGA表示をさせていたころだった。そのXGA表示の品質だが,故障寸前まで非常に見やすく,しかも目も疲れにくい印象があり,この点は実によかった。

 このモニタの末路なのだが,処分した2004年にはすでに「PCリサイクル」制度が始まっていたので残念ながら液晶モニタを購入したお店にも引き取りを拒否され,当然粗大ゴミとして処理するわけにもいかない。
 ここはしかたなく「PCリサイクル」の制度に則って処理を行うことにし,まずは飯山電機改めイーヤマのサイトにアクセス。イーヤマのリサイクル受付はWebページ上で行える。処理したい機種と製造番号,住所・氏名等を入力するとメールで返事が返ってくる。数日後にイーヤマから郵便で料金の振込用紙が送られてくるので処理料金4200円也を郵便局で払い込む。払い込みが確認されるとイーヤマから専用の伝票が送られてくるというわけだ。
 モニタの梱包は緩衝材を入れない適当な箱,あるいは破れない袋でもかまわないということなので,箱がないからと,大きなごみ袋を二重にしてそこにMF-8615を入れ,袋に伝票を貼り付けて郵便局に持ち込んだ。
 郵便局の職員の人は自分のところでやっている「PCリサイクル」というシステムをいま一つ理解していないみたいで,ごみ袋に入った大きなモニタを持ち込むとぎょっとしているようだ。「箱に入れなくても破れなければビニール袋でも構わないんだ」ということを伝えるとしぶしぶ受け取っていた。というわけでこれにて処分完了というわけである。
 よく使い込んだモニタで愛着もあったのだが,その別れはあまりにもあっけなかった。
 イーヤマ,という会社も翌2005年に倒産。「iiyama」というブランドこそ残っているが,今ではマウスコンピューター社が持つ1ブランド,ということになっている。

富士通 VL-151SD

 2002年,職場にも自分のデスクトップマシン,改造1号を置くことになった。わたしはもともとデスクの片づかない人なので,場所をとらない液晶ディスプレイのほうがいいとは思ったのだが,まだまだこの頃は液晶ディスプレイは高価な品物だったので,少しでも安く手に入れるためオークションにより調達することにした。
 改造1号のグラフィックスカード,ATIのRADEON VEにはDVI端子が装着されていたので,どうせならDVI接続ができる液晶モニタがいいと思い,当初は富士通製の,別機種の中古液晶モニタを落札した。すでにオークションサイトから出品者のIDが削除されているようなのでここで初めて明かすのだが,実は「五反田パソコン塾」というところが出品者だったのだ。
 なんとかして安く落札しようとこちらもその時は血眼だったので,冷静になってみると,評価欄にいい評価も多数書き込まれていたのだが,悪い評価をみるととにかくめちゃくちゃな扱いをされたというような内容のことが書き込まれており,それも最近になって悪い評価の書き込みが急増していたのだった。これは大丈夫かなぁと心配しているうちに,その「五反田パソコン塾」から,「この液晶モニタに重大なトラブルがあったので,現在入札中の別商品であるVL-151SDを送るから早く連絡をしてくれ」というメールがやってきたのだった。
 メールの文体もたどたどしい日本語で,本当に大丈夫なのだろうか,現在入札中ということで入札している人たちに迷惑はかからないのだろうか,といろいろな心配をしたのだが,これもネタと思い承諾することにした。webサイトで検索するといろいろ言われていた頃の残骸がまだまだ残っているこの「五反田パソコン塾」なのだが,私の場合は,特に問題なくこのVL-151SDがやってきた。何も問題はなかったので当然,「非常によい」出品者であると評価せざるを得なかった。

 ただ製造番号の書かれたラベルがばっさり剥がされており,あやしい雰囲気充満という様子である。それでも実際に使ってみると特に問題となるようなことはなかった。DVI接続なので接続時の調整が一切不要なのが便利。ただし,グラフィックスカードのDVI端子にしっかり接続しないと,独特の色ずれ現象が起きるのでこの点要注意である。
 気がついたらこれも6年以上使っている。2006年の自宅の新築に伴い,後述の三菱のモニタを職場へ,そしてVL-151SDは自宅に帰って来て,家族共用の元VAIOに接続されて使うことになった。しかしデジタルレコーダで録画したテレビ番組を見ようとすると,著作権管理を行っていない古いDVI接続なので,再生ができないとDVDプレーヤソフトから怒られてしてまうのであった。
 2009年に職場からパソコンの配給を受けたことに伴い,三菱のモニタが自宅に帰って来てこれを家族共用のパソコン用に,そしてこのVL-151SDはMac Mini専用のモニタとして3年半の余生を過ごした。Mac Miniをオークションで処分したのにともない本モニタもPCリサイクル制度を利用して処分と相成った。製造番号が抹消されていたので富士通が引き取りを拒否しないか心配だったが,特に問題なく引き取ってもらえた。

三菱 RDT178V

 2004年に飯山ハローモニタが壊れた。後釜のモニタをどうするか。
 当初は,以前に比べるとべらぼうに安くなった17インチCRTディスプレイにしようと考えていた。しかし,そろそろ画質のよい,ディスプレイを使ってみたい,画質のよいディスプレイといえば,やっぱりナナオだなぁ,と思い始めた。でも,机の上も広く使えたほうがいいよなぁ,そうすると液晶モニタがいいよなぁ,と思い始めた。なぁんだ,じゃあナナオの液晶モニタにすればいいじゃないか,という結論に至ったのだが,あいにくボーナス前で予算が乏しかったので,サイズをけちるしかなく,それなら,ナナオの15インチ液晶モニタを買ってこよう,と,家電店に向かったのであった。なぜパソコン専門店に行かなかったのかというと,ボーナス一括払いで買いたかったからである。

 しかし,この頃一般の家電店では,パソコン用単体ディスプレイの展示が極めて少なくなっていたのだった。モニタ一体型デスクトップパソコンが当たり前となり,家電量販店でわざわざモニタだけ買うという人は少なかったのだろう。その,肝心の液晶モニタも,自分の欲しい15インチのものはなく,展示は17インチ以上から,といったありさまだった。
 とういわけで,この三菱の液晶モニタ,RDT178Vは,展示してあった液晶モニタで一番安かったからという,極めて消極的な理由で選ばれたものである。接続端子も四の五の言えなかったのでアナログVGAの1系統のみである。アナログディスプレイなので接続時の調整も必要だ。
 しかし実際に使ってみると,17インチSXGAというのは画面が広く使えて実に案配がよろしい。しかも設置スペースは飯山のハローモニタよりも大幅に小さい(ハローモニタはその後登場した17インチCRTモニタと比べても非常に奥行きが長いデザインだった)のがよろしい。いい加減な選び方だったが,いい買い物をしたと思った。
 2年半使用後の2006年末,前述の富士通モニタとの入れ替えで職場で2年強奉公し,職場からパソコンの配給を受けたことにより自宅に帰って来て,一緒に帰って来た自作2号パソコンとともに,家族共用マシンとして使用した。
 アナログ接続なのでCPRM記録のDVD再生も問題なく行えたのだが,地上デジタル放送やブルーレイビデオをハイビジョン画質で映し出すことができなかったので,HDCP対応のモニタとディスプレイカードに交換し,RDT17Vは後述のサンコー・くねくねアームに取り付けられてまずは自作4号のサブディスプレイとして,次いでホームサーバ用MY26X/R-Jと下仕事用PCのFMV-D1200の共用ディスプレイとして引き続き使用中である。

 このRDT178Vのメーカーは当時NEC三菱電機ビジュアルシステムズと言っており,三菱電機とNECの両ブランドのディスプレイを作っていたが,本機購入翌年に合弁を解消している。

 なお本機のパソコンリサイクル制度については,PCリサイクルマークはないものの,PCリサイクル制度開始後に購入したと三菱社に申告すれば,PCリサイクルマークのステッカーを送ってもらえるようになっている。

Dinner TE195SDR

 新築に伴い,家族共用のパソコンコーナーを新設し,デスクトップパソコンが自分用,家族用,職場用の3台体制となった。そのためもう1台モニタが必要となった。ところが新築直後で資金に余裕がないので,できるだけ大きい画面で,でも,少ない費用で,という条件で家電量販店でモニタ選びをすると,このDinnerという,それまで聞いたことのないブランドのTE195SDRという,19インチ液晶モニタに決まってしまった。
 「Dinner」というブランドのモニタは,日本ではディーオンという会社が販売している。同じ会社で売られている液晶テレビのブランドは「CANDELA」となる。中国製なのは別にいいのだが,ディーオンのサイトをいくら探しても,モニタの設定ファイルがどこにもない。
 アナログとデジタルの2系統入力なので,自作1号をアナログ接続で,Mac Miniをデジタル接続で使うことにした。Macの場合,OSにディスプレイの簡易キャリブレーションの項目があるので,このように設定ファイルのないディスプレイでも正しい色表示に近づけることが可能だが,WindowsはVistaまでこのような機能がなかったので,色表示の正確さについては当初はあきらめるしかなかった。
 一応スピーカーもついているし,文句をつけるところはないような気もするのだが,各種設定ボタンも使いにくいし,昨今の地上デジタル・ブルーレイ再生のためには解像度,著作権管理の点で問題があり,しかも最近では,液晶画面なのになぜか焼きつきが生じてしまってアプリケーションのメニューバーの残像が常時残っている状態になってしまった。
 最近のグラフィックスドライバでは画面の縦横を自由に切り替えて表示できるようになったので,文書の作成がしやすい縦表示にしてやろうと思い,サンコーの「くねくねアーム」を買ってきて取り付けた。これを使って縦位置でしばらく使用するうちになんと,焼き付きが自然にとれてしまうのだ。で,また横画面にすると焼き付きがいつの間にか発生し,改めて縦位置にすると焼き付きがまた消える。何なんだ一体。

 色ずれが気になること,ブルーレイが本来の画質で再生できないことにより,5年というそんなに長くないサイクルでディスプレイの買い換えを決意,本TE195SDRは処分と相成った。本機のリサイクルの方法だが,まずはwebページに示されたメールアドレスに連絡,その後ディーオン社から着払いのゆうパックにて簡易梱包の上送付するよう連絡があった。「PCリサイクル」で使われる「ecoゆうパック」ではないようだ。
 このあと,現段階でここに書き込んでいいのか悪いのか分からないので詳述は避けるのだが,引き取りを完了した旨ディーオン社から郵便物を受け取った。"Dinner"ブランドのモニターの販売が事実上終息しているからなのか,他社で行われているPCリサイクルの流れとはずいぶん違っている。ただ,ディーオンのwebサイトに記載されている対象機種であれば,Dinnerブランドのモニターを変に「無料引き取り」の業者宛に送らない方がお得である,ということは紹介しておこう。

DELL U2312HM

 年末にDELLの新聞広告で「23インチのモニタが1万円台」というのを見かけ,発作的に購入したものである。広告の掲載機種は後述のST2320Lだったのだが,改めてwebサイトを確認すると,ST2320Lの他に,IPS液晶採用の本機U2312Mも1万円台で売られていることがわかった。2台まとめて購入しても3万円強という低価格。どちらか1機種にしぼって2台買おうかとも思ったのだが,むしろ別々の機種にしておいて,機能や画質の違いを知るのもよいだろうと思い,本機は私の自作4号用として購入。
 最近のモニタなのでLEDバックライトである。後述のST2320Lがホーム・エンターテインメント向きであるとすれば,本機U2312HMはビジネス用といった感じである。表示解像度はフルハイビジョン1920×1080ドットの23インチで,当初サブディスプレイとして使用した三菱のRDT17V17インチ液晶とドットピッチがほとんど変わらないようだ。応答速度は8msと表記されている。IPS液晶なのでカタログ上の応答速度は低めに出るが,どのような色の出方をしてもカタログ上の応答速度との違いは少ないのがIPS液晶の特徴らしい。
 IPS液晶は視野角が広く色調の変化も少ないので静止画を映すのにもってこいなのだが,Wikipediaによると,白色光を透過した場合は色温度が低くなり,画面が黄色っぽくなる傾向もあるという。それでなるほどと思ったのだが,実は本機を導入して以降、目の疲れがものすごくなり,それに悩まされたのだ。なんとかという青色光をカットするメガネを買おうと本機で思ったこともあるのだが,webで「そんなめがねを買わなくても色の調整で青色を抑えるとよい」と書かれてあったのを見つけたので,青色を抑えた(このとき確かに画面が黄色っぽくなった)ところ目の疲れはうそのようになくなった。
 と思ってたった今本機の設定を再確認したら,色の設定はいつの間にかもとに戻っていて,ただし輝度が一番最低に抑えられていた。輝度を最低にするだけでも眼精疲労予防の効果があるようだ。
 入力端子はDVI-D,ディスプレイポート,昔ながらのVGAの3系統となっており,私はDVIで接続している。4ポートのUSBハブ機能もある。縦画面にすることもできるのだが,そうするとあまりにも縦が長くなりすぎるので,ほとんど使っていない。

DELL ST2320L

 どちらかというとこちらの方が本命で,これは子供用の自作5号で使っている。画面が大きくなったからいいだろうと思っていたのだが,画面が広くなりすぎたので当初は不満だったという。贅沢な奴だ。
 こちらは,上記のU2312Mと違い,従来通りのTN液晶を採用している。応答速度が5msと高速で,そういう面から見ても,動画を見たり,ゲームをしたりといったエンターテインメント用途に向くディスプレイということになるのだろう。筐体のデザインも,ビジネスライクなU2312Mとは違い,エッジをことごとくなくした丸みのあるものになっており,各種スイッチ類もタッチセンサーを採用してボタンの凹凸をなくしている。
 端子もU2312Mと変わっていて,ディスプレイポートの代わりにHDMI端子を持つ構成となっている。こちらも,うちではDVI端子を使って接続している。なお本機にはUSBハブ機能はない。
 ST2320Lの方は今までと同じTN液晶方式だからなのか,標準設定のまま使っていても目の疲れを感じたことはない。色の出方も,特に問題はないような気もする。