ぱそこんぼらぼら

さらばPC−98>消滅期

98を新品で買う方法

 現在,PC-9800系マシンの互換機を作っているのが埼玉県にあるロムウィンという会社で,BP98というボードパソコンと98Baseというデスクトップパソコンを受注生産しています。
 CPUが486系ということなので,性能的には1993〜1994年頃の98フェローを想像すればいいでしょうか。導入にはかなり制約があるかもしれませんが,どうしてもPC-9800系マシンでなければならない用途の場合は十分検討の対象になるでしょう。

概略

 PC-9821Ra43等に標準搭載だったマイクロソフト・Windows98セカンドエディションのOEM版配布が2004年3月いっぱいで切れることがアナウンスされた。これでPC-9821の消滅は時間の問題とも思われたが,NECは,それより早い2003年8月,最後のPC-9821の受注を2003年9月30日をもって終了する,と発表した。次いで,産業用のFC-9821も2003年10月末で受注終了となった。丸21年にわたったPC-9800シリーズの歴史はここで幕が下ろされることになった。

 過去のマシンとなったPC-9800シリーズではあるのだが,PC-9800環境で構築された,NC機械用のソフトウェアなど,まだまだ現役でPC-9800系のマシンが使われている部署は多い。それに,最新機種並みの性能を持つことは不可能でも,この機種と青春をともにした人たちが,まだまだこのPC-9800系マシンを愛好的に使用しているケースは多い。

 コンピュータは微小な貴金属が多く使われていることもあり,使用しなくなったマシンのリサイクルが推奨されているが,PC-9800系マシンはかなり古い機種でも今後,「ヴィンテージパソコン」の扱いでリユース,あるいは部品取り用中古マシンとして流通されるのだという。

 それにしても,
・新しいハードやOSの導入が常に遅れ気味だった。
・ほぼ独占状態だったこともありハードの価格が高止まりだった。
そんなPC-9800系マシンは,マニアには申し訳ない表現なのだが,やっぱり,「堕ちるべくして堕ちた」パソコンだった,という感慨しか持たない。その後のマイクロソフトの台頭という負の面も確かに大きいが,PC-9800シリーズの消滅により日本のパソコン界が正常化したのだ,という印象が私には強い。